格安のキャンピングカーレンタル

  

24時間貸出・返却OK キャンピングカーレンタル 千葉、東京、藤沢、横浜、三重、京都、関西、兵庫、和歌山、大阪

お客様の声, テントむし

テントむしで充実した三連休

キャンピングカー初心者にお勧め。テントむしで2泊3日旅行

妻と息子と3人で
2泊3日での伊豆旅行をしてきたのでレポートします。

1日目 
◆17:00
ロードクルーズさんより、使用方法を教わります。
ポップアップルール、ベッドのセッティングなど
思ったより簡単そうです。

晩ご飯として、海老名SAにいきます。
ご存知の方も多いと思いますが、高速を使わずとも一般道で裏から入れます。
「旅の楽しみといえばSA」ですが、高速を使わない旅にも使えるので海老名お勧めです。

画像の説明
<さぁ出発>

画像の説明
<つけ麺>

◆21:00
予定をしていた箱根ターンスパイク(今ではTOYO TIRE ターンスパイク)で
ビューラウンジで夜景を楽しみながら車中泊をしようと思いましたが
なんと道路がしまる22時以降は入れないとのこと。。。

普段の旅であれば宿泊地に泊まれない時にはすごいあせりますが
今回はキャンピングカー、泊まる場所を選べば良いだけです。

急遽、一番近い道の駅「芦ノ湖」に行くことにしました。
芦ノ湖では先約もそれなりにいて、夜にもかかわらず駐車場半分くらいうまっています。

初めてのキャンピングカーでの宿泊ですが
夜遅くと言うこともあり、今回はポップアップルールの使用を断念。
子どもも小さいので、ベッドに3人で寝ることにしました。

懸念していた寒さは、FFヒーター&持って持参したシェラフで対応できましたが
ヒーター側でない妻とヒーター側の自分では寒暖の差があるらしく
翌朝、妻はかなり不機嫌でした。
(翌日オートクルーズさんに問い合わせをしてヒーターの調整も無事出来ました)

2日目
◆05:00
まだ家族は寝ていますが、自分は芦ノ湖周辺を散歩です。
キャンピングカーの醍醐味といえば、自然とのふれあいですが
起きてすぐの湖の散歩なんて超贅沢です!
画像の説明

<湖>

◆08:00
朝食は、小田原まで戻り、市場での朝食です。
港でも違和感がないのが軽キャンの魅力でしょうか。

画像の説明
<市場でのテントむし>

画像の説明
<海鮮丼>

画像の説明

<湯河原街道>

◆11:00
次の目的地は、富士サファリパークです。
さすがに山が多いので、上り坂の際に3速ATでのテントむしは苦戦しましたが
行く途中富士山も見え景色を楽しむことができました。
富士山カレーも食べました。

画像の説明
<富士山>

画像の説明
<富士山カレー>

◆17:00
オートキャンプ場「雲見夕陽と潮騒の岬オートキャンプ場」へ到着です。
ここは、海辺に位置し・富士山が見れ・露天風呂つきと言うことで選びました。

行く途中では、道が細いところも多かったのですが
さすがの軽キャン。楽勝でした。

画像の説明
<キャンプ場>

画像の説明
<キャンプ場でのテントむし(ポップアップルーフ仕様)>

◆19:00
夕食の準備です。今日のお供は簡易BBQセットとささやかながらのアルコール
家族は中で温かいままご飯、自分は外での焼き専門でした。

画像の説明
<BBQセット>

画像の説明
<野菜>

画像の説明
<外と中>

◆21:00
念願のポップアップルーフ初体験です。
子どもはこういうのめちゃくちゃ喜びますが
ある意味それを見て自分の方が興奮しているかも?

画像の説明
<登れてご満悦な息子>

画像の説明
<高さもかなりあります>

3日目
◆08:00
初日の反省もいかし、自分が上に寝て
妻にFFヒーターを譲り、うまく調整ができて皆ぐっすり眠れました。

後は帰るのみです。

◆12:00
キャンピング場に別れをつげて
道の駅→渋滞→SA
と経由をして帰ります。

画像の説明
<キャンプ場の海の前で>

画像の説明
<道の駅天城越えわさびソフト>

画像の説明
<道の駅伊東マリンタウン三色丼>

◆17:00
休みの午後の伊豆はかなり込むので
早めに出られるのがお勧めです。

返却時間をオーバーしてしまうので、ロードクルーズさんに電話をしました。
快諾して頂き、「気をつけてお帰りください」と言って頂きました。

画像の説明
<渋滞>

◆19:00
無事、帰着

息子もキャンピグカーをかなり気に入ってくれたようで
かなり充実した三連休でした。

画像の説明
<笑顔の息子>

コメント

最新の記事