格安のキャンピングカーレンタル

   

24時間貸出・返却OK キャンピングカーレンタル 千葉、東京、藤沢、横浜、三重、京都、関西、兵庫、和歌山、大阪

お客様の声, デイブレイク

デイブレイクでゆく秋の山梨グルメツアー!

画像の説明

画像の説明

2014年11月16日。職場の仲間7人で、キャンピングカーに乗って秋の山梨県へ出かけました!

当初は別のお店の車で行くことになっていたのですが、
予約していた車両が出発前日に急遽使用できなくなってしまい、
大慌てでロードクルーズさんにご相談したところ、
突然のお願いにもかかわらず快く10人乗りタイプの車両を用意していただけました。

思わぬトラブルも無事解決し、
出発当日の朝を迎えました。

7人全員が初めてのキャンピングカーということで、
集合場所に到着するなり、
全員しげしげと物珍しそうに車内を観察。

「まるで寝台特急みたい!」

という声も聞かれ、
ゴージャスな内装や設備に朝から大興奮に包まれました!

画像の説明

圏央道・中央道を順調に進む中、
車内では早速宴会を始める人も(笑)。

移動時間も広々と羽を伸ばして楽しめるのもキャンピングカーならではですね。
  
あっという間に甲府市の小瀬スポーツ公園に到着。

この日開催されていた

「山梨ヌーボー祭り」

で新作ワインをガンガン試飲し、
ますますハイテンションになってきたメンバーたち。

画像の説明

画像の説明

さらに中央道を北上し、
サントリー白州蒸留所へ移動。

この間、あらかじめ予約しておいた有名駅弁

「高原野菜とカツの弁当」

を仕入れて、車中で昼食をとりました。

大きいテーブルがあるからお弁当もゆっくり食べやすいです。
車窓に映える八ヶ岳の美しい姿も最高のおかずでした。

画像の説明

画像の説明

白州蒸留所ではウイスキー蒸留所ガイドツアーに参加し、
紅葉が見事な森の中にある工場を、
徒歩やバスで見学しました。

お待ちかねは

「シングルモルトウイスキー白州」

の試飲タイム。

女性でも飲みやすいと評判でした。

ちなみにドライバーはワイン祭りに続き指をくわえて見てるだけ・・・(泣)。

でもみんなの楽しそうな表情を眺めていれば満足でした!

画像の説明

画像の説明

紅葉スポット尾白川渓谷では、
遊歩道をちょっと冒険して歩き、
千ヶ淵の美しい滝と水を眺めました。

さすが名水の里白州、
流れる水の透明感は素晴らしいものでした。

この名水を使ってウイスキーやアイスクリーム、信玄餅などいろいろなものが作られます。

画像の説明

画像の説明

そろそろ日も暮れるころ、
甲州街道台ヶ原宿の老舗「金精軒」に寄っておみやげの生信玄餅を買い、
甲府市の郷土料理「奈良田本店」でほうとう&馬刺しの夕食を楽しみました。

今日は1日中、飲んだり食べたりのグルメツアーでしたので、
みんな相当満腹になりつつ、帰路につきました。

画像の説明

帰り道は中央道上りの渋滞に悩まされましたが、
そんなこともあろうかとDVDを持参してきたので、
車内のディスプレイで上映して退屈をしのぎました。

移動の車内を楽しむ道具がたくさん揃っているのもキャンピングカーのいいところです。

一般道に迂回しつつ予定より10分遅れただけで無事に解散場所に到着!

 朝から晩までフルコースの1日でしたが、
参加者たちからは

「また乗りたい!」
「キャンピングカー最高!」
「今度はキャンピングカーに泊まって遠出してみたい!」

など、大好評の声に包まれて終わりました。

最後は全員で車内の掃除を行い、
車を返却しました。

次に乗る人のために、きれいな状態で返却するように利用者どうしが心がけたいものですね。

画像の説明

画像の説明

ちなみに今回ドライバーにとってもキャンピングカーの運転は初めての経験でしたが、
ミラーをよく見て車幅と高さに気をつけていれば、
難しいことは何もありませんでした。

視点が高く、ミラーも普通車より大きいので、かえって周囲が見やすいくらいでした。

ただし、大勢乗車していたせいもあってか、
燃費がかなり悪い(約6.5km/l)のでガソリン代の出費が予想以上だったのが大変でした・・・。

キャンピングカーを使うと、
ちょっとしたお出かけでも数倍楽しめて、盛り上がること間違いなしです!

 ロードクルーズさんの料金は比較的低価格で、
しかも1時間単位の料金設定で、
24時間いつでも貸出・返却が可能な点が、無駄なく必要時間だけ利用できて良かったと思います。

無人の駐車場からの出発・返却なので慣れないと不安に思ってしまいますが、
電話で親切にご対応いただいたので、
全く心配いりませんでした。

また機会を作ってぜひキャンピングカーで出かけてみたいと思います! 

ありがとうございました。

コメント

最新の記事