格安のキャンピングカーレンタル

  

24時間貸出・返却OK キャンピングカーレンタル 千葉、東京、藤沢、横浜、三重、京都、関西、兵庫、和歌山、大阪

お客様の声, アミティ1号

ビーナスライン→木崎湖→黒部ダム★★★★★

  • 名前:H様  横浜市港北区
  • 利用:2.5日
  • 車種:アミティ
  • 宿泊場所:湖畔
  • 旅行先:長野
  • 人数:大人2名 子供2名
  • おすすめ度:★★★★★

7月16日〜18日の二泊三日、長野旅行にAmityを借りて行ってきました。
初のキャンピングカートリップであり分からない事だらけでしたが、とにかく車で寝られるという安心感を胸に3歳と1歳の子供を連れ信濃路へ

朝8:00にロードクルーズにお邪魔し手続きと車の使用方法についてレクチャーを受けました。シートアレンジがいろいろできる事が分かり、早速チャイルドシート2台を載せ9:00に出発。

横浜から中央道へ抜けるにはいつも迷います。今回は保土ヶ谷バイパスをチョイス。八王子バイパス手前で西へ進路を変え、高尾山ICより諏訪を目指しました。

高速道路
普段乗っている乗用車に比べスピードは出ませんので、追い越しをする時には少し気を使いますが、ゆっくり走る事に慣れてくると気になりません。ただ登りは速度がかなり低下するので迷い無く登坂車線を選びました。

談合坂サービスエリアでトイレ休憩。ゆったりと乗れるので、子供もまだまだ元気です。
アミティ

お昼前には諏訪ICを降り、インターそばのスーパーに寄って昼食を購入。どこか落ち着ける場所を求めてビーナスラインを目指します。
ビーナスライン入り口

蓼科湖に着きました。あまり大きな湖ではありませんが、静かな湖畔。昼食はここに決めました。
蓼科湖

テーブルを出し昼食。真夏ですが窓を開けると涼しい風と鳥の鳴き声が抜けて行きます。
昼食

食事をしていると外から声をかけられました。何かな?と思ったら「キャンピングカーの中を見せてもらえますか?」と。どうやらご夫婦でキャンピングカーの購入を検討されているとの事でした。
アミティ2

食事を済ませビーナスラインを北上します。ここからはアップダウンのある絶景が続きます。
ビーナスライン
途中、車を止めて記念撮影。
アミティ3

ビーナスラインを抜け、木崎湖へ到着。日も暮れて来たので今日はここで宿泊をする事に。
バーベキュー

外にテーブルを出し調理をしました。子供達は車中でご飯待ち。
調理器具はコンロと七輪を持参し、お腹いっぱい食べました。
バンクベッド

子供達は初の車中泊ではしゃぎ回っています。

朝は6時に起床。早速朝食の準備。暑からず寒からず、とても気持ちのよい朝でした。
朝食
湖の水は息を呑む奇麗さ。
木崎湖

朝食を済ませ今日は黒部ダムを目指します。
扇沢

黒部ダムに通じる扇沢に着きました。ここからは日本に2箇所しか走っていないというトロリーバス(電車のようにパンタグラフから電力の供給を受け走るバス)で長い長いトンネルを進みます。
トローリーバス

かねてからの目標だった黒部ダムに感動。とは言え、出発時は行ければ行こうという程度の思いでしたが、昨日走行距離を稼いだおかげで何とか実現。
黒部ダム

この時期は観光放水が実施されていて圧巻です。
黒部ダム放水

真上からの眺め。大量の水がものすごい勢いで噴射しています。
黒部ダム放水2
昼食はアーチダムカレー。ご飯が見事にダムです。
ダムカレー

ここで子供がぐずりました。おむすびではなく我々と同じカレーが食べたかったようで。。。

泣きじゃくる子供をなだめつつ、今日の宿泊場所を求めて黒部ダムをあとに。車内は広々です。
車内

地図で当たりを付け、情報無いまま湖に到着しました。そうすると車中泊にうってつけのエリアを発見。
湖

とても奇麗な湖の湖畔に車を停めしばし子供と戯れます。
シャボン玉で遊ぶ
子供達も豊かな自然の中で兄弟愛を確認。
子供たち
この日は全員で外に出てBBQにしました。
画像の説明
さらに子供にはダムカレーもどきを
ダムカレーもどき
お腹いっぱい食べたあとは車中でDVD鑑賞。
DVD鑑賞
翌日もすっきり晴れ渡り清々しい朝を迎えました。
朝食2
こんな所で車中泊。人通りも少なく伸び伸びできました。
長野とお別れ

いよいよ長野ともお別れ。ここから帰路へ。帰りは河口湖インターから御殿場に向かう道をチョイスしました。
高速道路2

距離は伸び、一般道を経由するのでしんどいかなと思いましたが割とすいすい行けました。御殿場ICより東名高速に。横浜町田で降り保土ヶ谷バイパスを経由して横浜新道へ。無事にロードクルーズへ到着。トラブルも無く無事に帰ることができました。

最終目的地がかなり遠かったため、車中にいる時間も長かったのですが、キャンピングカーだからこそ、道中も楽しみながら辿り着けたと思います。思わぬ景色や子供の普段とは違った笑顔に出会え大変満足した旅でした。

コメント

最新の記事